2017-07-19

【黒魔道士】パッチ4.05変更点の確認

パッチ4.05が実装され、各ジョブの調整が入りました。その中の黒魔道士についての変更点を確認しておきます。



前回の第37回PLLにおいて、判明した仕様変更内容は以下の通りでした。

1.消費MP調整
2.ファイジャ・ブリザジャの基本詠唱時間が3.0秒から2.8秒へ
3.ファウルの消費MPを240から0へ
4.三連魔のリキャストが90秒から60秒へ

発表された内容だけではないというアナウンスがあったので、これに加えてトランスのリキャスト短縮が入るかと思っていたのですが、最終的に上記4点のみの変更となりました。

AF1またはUB1からスタートするスキル回しも考えておかないといけませんね。

消費MPの調整内容は具体的には、ファイアが1440から1200になり、ブリザジャが1200から960に変更となりました。どんなに崩れても、ブリザガ1発分は大抵残るようになっており、スキル回しの中でMP回復待ちをしなければならない場面が減っています。消費MPが0になったファウルは、ブリザガの折り返し直後に撃ってMP回復周期に囚われないスキル回しを実現させるのが今回の変更の流れに沿っているかも

消費MPが調整された結果、ブリザジャなしでファイジャが5回撃てるようになりました。ジャ5回しだとループの周期がファウルの周期とずれていくため、常用はできなさそうですが120秒や180秒をターゲットにスキル回しを構築するならどこかに組み込めるかもしれません。

ノーマルオメガで少し遊んでみた感じ、スキル回しの安定度が格段に向上したと感じました。ファイジャ6回しをしているとループ2回に1回は三連魔が使える状態になるのが大きいですね。

ファイジャの詠唱時間が短縮されて、相対的に三連魔でDPSをブーストさせられる割合が低下していますので、三連魔のリキャ短縮は木人DPSの向上というよりは実戦でDPSが落ちにくくなる方向性に捉えるのが正しいと思います。

ちなみに、パッチが進んで装備にSSが増えてくると、アビリティのリキャストとスキル回しとが徐々にかみ合わなくなってくるので、SSの盛りすぎは注意かもしれません。

パッチ4.05での調整に対しては、個人的には魔法1発の威力向上を望んでいましたが、触ってみるとこれはこれでありだなというのが第一印象です。

ちなみにファイジャ・ブリザジャの詠唱時間に関しては、パッチ前に予想したとおり、SS1031の時点で2.69秒となっていましたね。




新式ではSSを2000まで盛れるらしいので、それらを加味してスキル回しを考えてみましょう。正直、いきなりここまで盛れるとは思っていませんでした。4.Xシリーズの最後はどこまで行くんだ!?


以上、黒魔道士に関するパッチ4.05変更点の確認でした。



スペルスピードと詠唱時間の関係式はこちら
【黒魔道士】スペルスピードと魔法詠唱時間の関係式を求めてみた
もしかしてこの式って、スキルスピードとGCDの関係式としても使えるのでは?




あわせてこちらもどうぞ
なりたて黒魔道士のためのスキル回し(パッチ4.0)
【黒魔道士】パッチ4.05以降のスキル回しでブリザジャは使うべきか?
【黒魔道士】スペルスピードと魔法詠唱時間の関係式を求めてみた

0 コメント: