2017-03-26

[風景]チルトシフト加工で見るエオルゼアの風景

最近、Twitter上のSS加工界隈ではチルトシフト加工が大流行しています。きっかけはポラ(@pola_ff14)さんの作ったタグ(#FF14TiltShift)。私も流れに乗って加工してみました。


そもそも、チルトシフト加工とは何か、知らない方のために簡単に説明すると、カメラで風景を撮影するときに、チルトシフトレンズというレンズをうまく使って俯瞰(見下ろし)の風景を撮影すると、まるでミニチュアの写真を撮っているかのような写真が撮れます。それを加工で再現したのがチルトシフト加工になります。

加工といってもやることは簡単で、画面の上段と下段をぼかすだけ。あとは彩度を上げれば完成です。FF14は、特にカメラを引いて俯瞰でプレイするのが基本のスタイルですから非常に親和性は高く、通常のカメラでUIを非表示にして撮影したスクリーンショットがそのままチルトシフト加工に使えたりします。簡単なので是非やってみてください。詳しい加工方法をポラ(@pola_ff14)さんがTwitterにアップしてくれていますので参考にするのもよいでしょう。



































以上、チルトシフト加工で見るエオルゼアの風景でした。

おしゃんてぃーな文字まで入れちゃってますね。


何度も言いますけど、UIを非表示にした状態にするだけで撮影できるので、撮影も超お手軽。使い慣れたジョブなら数秒間非表示にしたところで、そうはスキル回しも崩れないと思うので、レイドに行っても回りに迷惑をかけません。

最初に書きましたが、加工も楽で誰にでもできるもの。私はシャープネスをかけたりノイズを乗せたりともう少し手間をかけていますが、必須ではありません。コツは俯瞰(見下ろし)で撮ることと、中央付近に少し細かい何か(人や柵、家具や草など)を入れること。あと、影をしっかり出すと加工した時にミニチュア感が増す気がします。

見上げ視点や水平視点で撮影したSSを使ってチルトシフト加工を試している方もいますが、まあ、最初は基本からということで。

是非チャレンジしてみてください。


そういえば、今度からなんでもかんでもエオルゼアと簡単に呼べなくなるんですよね。今の3.Xシリーズ中はエオルゼア地方が世界の全てだったわけですけど、パッチ4.0がくるとのひんがしの国のある地方も増えるわけで。そっちの方のエオルゼアにあたる呼び方ってあるんでしょうかね。ひっくるめて呼ぶときはハイデリンと呼ぶべきなのかな?まあパッチが来てから考えましょうかね。



それではまた。





0 コメント: