2017-01-09

しんねんのごあいさつ

正月も明けて仕事も始まりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。




私は今年の正月は『信長の野望』にどっぷりハマってました。

織田家に全国統一の可能性は残されているのか?

織田家で開始したのですが、気が付けば、東に北条、北に長尾、西に大内の各大名が領地をがんがん拡大させ、この3家でほぼ全国をおさめている状況に。その3勢力がぶつかる場所名古屋にぽつんと佇んでいるのが我が織田家です。

北条と長尾に使者を送って同盟、西を目指すはずが同盟の今川に畿内の城をガシガシ落とされて、国を太らせることあたわず・・・。柴田勝家は早々に討ち死にしてしまい我が織田家は風前の灯であります。

FF14の方では、危ういながらも何とかマハと聖典の週ノルマはこなしつつ、フロントラインに少し復帰をしてみたりしています。

このスクリーンショットはかなり昔のもの

戦績はカンストしているのですが、GAROとのコラボの発表以降、PvP関連のページへのアクセスが目に見えて増えており、今なら人がいるのかなーと思ってちょくちょく顔を出すようになりました。フィールドオブグローリー実装以降、シールロックが廃れてしまって、グローリーはイマイチ面白くないし、やりたいシールロックはシャキらないしで足が遠のいていました。今だとルーレットを回せば3回に1回はシールロック(体感)ですね。

吉田Pはシールロックの方向性でいくと言っていたのに、なんで別ルールのグローリーをもってきたんでしょうかね。そのせいで、せっかく流行っていたシールロックが死んだような気がします。グローリーもシールロックほどは流行ってませんよね。シールロックのマップを増やすだけでよかったし、マッチングのたびにそれがランダムで選ばれるようになってくれたらどんどんシールロックは発展していったんじゃないかなー。

風景SS加工も相変わらずやっていて、できたものはTwitterへアップしてある程度たまってきたらこちらにアップの流れは定着しそうです。












去年のうちの記事数の内訳を見ると、風景SS加工はかなりの部分を占めていると思うんですけど、検索でやってくるお客さんの8割は黒魔のスキル回し記事かPvP関連の記事が目当ての様子。おそらく、風景SS加工記事は、画像だけを淡々と載せているので検索ボットには何の記事か伝わっていないのかもしれません。もしくは、風景SS加工というジャンルがニッチで誰も検索していないか。

まー、風景SS加工もPvPもどっちに転んでも結局はニッチな部分に変わりはないので、アクセス数とかはあまり気にせずやっていきます。


今年もよろしくお願いします。



0 コメント: